借り換えはどんな人にお勧めの方法なの?

借り換えに成功すれば、返済がしやすくなったり、金利が低くなって返済額が安くなるなどのメリットがあります。

 

銀行などでパンフレットを見たり、公式WEBサイトで借り換えについての情報を見ていると、そのようなメリットばかりが書かれているため、借り換えは得するものだと思うかもしれません。

 

ですが、借り換えは誰がやっても得することと言う訳ではありません。

 

借り換えをお勧めしたい人

 

@総返済額を減らしたい人
現在組んでいる住宅ローンの金利よりも低いところを選ぶと、総返済額が少なくなります。
例えば、2,000万円の住宅ローンを組んでいて、返済期間が25年、金利が3.5%だったとして、そこから金利を3.1%にするだけでも、総返済額から約67万円も安くなるのです。
もちろん、金利がもっと低くなればなるほど、総返済額も少なくなりますので、結果的に返済総額をかなり抑えられたと言うケースもあります。

 

A金利を上昇するリスクをなくしたい人
住宅ローンを組んだ当時は、他の金融機関よりも低金利に設定されていたとしても、時間が経つにつれて他の金融機関の金利のほうが低くなっていることがあります。
そんな時、今後も安定して低金利で住宅ローンが組めそうな金融機関に借り換えをすれば、金利が上昇するリスクを極力小さくすることができます。
ちなみに、固定金利を利用すれば住宅ローンを組んだ時の金利を、特定年数固定することができますので、安定した金利で返済していきたい場合は、固定金利を利用してみてください。

 

 

借り換えをする時のメリットを考えればわかりますが、主に上記のような人にお勧めです。
上記の目的に当てはまると言う人でも、まずは、実際に借り換えをしたいかどうかを確実に確認してから、借り換えをするか決めてください。